MENU

既婚者が出会系を使うのはマズい?

出会い系サイトを利用した不倫は世間にゴロゴロと転がっています。

 

芸能人の不倫報道では芸能活動の自粛による損害賠償などの報道も目にしますよね。

 

「不倫」をすることによってどんなリスクがあるのか。を知っておきましょう。

 

不倫

 

不倫の定義。

 

「どこまでの関係で不倫となるのか?」
それは人の価値観や倫理観によって異なりますよね。法律上では定義があります。

 

”配偶者のあるものが配偶者以外の異性と自由な意思で性的関係を持った場合”

 

簡単にいうと、お互いの意思でセックスしたら不倫。

 

つまり「食事」「キス」「手をつなぐ」などは法律上不倫とはなりません。
また、法律用語では不倫のことを「不貞行為」といいます。

 

 

不倫は犯罪ではない。しかし、不法行為。

 

「不倫は犯罪ではない。」
そうなんです。不倫をされた人にとっては法的に処罰をしてもらって禁固刑や懲役を!なんて考えますが不倫は犯罪ではないのでそうも行きません。

 

逆に言えば不倫しても懲役はつかないということにもなります。

 

しかし「不法行為」です。

 

不法行為は民法上のものになり、不倫をされた配偶者は強制的に離婚をすることができたり慰謝料の請求ができます。
※様々なケースがあるので一概にとは言えません。

 

 

でも、よく聞く不倫(不貞行為)目的の出会い系

 

何年も同じ相手と過ごしているとトキメキもなくなりますし男女の関係から離れ家族になりますよね。

 

そうすると、やはり誰か新しい人に出会いたいという気持ちになります。

 

そういった場合に「出会い系サイト・アプリ」を利用する人が増えています。また、サイト管理側も「一夜だけ」「その場限り」「大人の出会い」などのカテゴリーを儲けています。

 

掲示板

 

ここでは不倫はおすすめすることはできませんが、そういった場所もあるということは事実なんです。

 

「利用する際には自分がそうされたら。」
「もし、ばれたら。」

 

などよく考えて利用するべきです。

 

 

セックスなしならOK?!

 

その人の価値観や倫理観にもよりますが法律上はセックスがなければ不貞行為とはみなされません。

 

ですから出会い系サイトを利用して「食事さそう」のは問題ないと言えます。またキスや手をつなぐのも問題ない行為になります。

 

どこまでをOKとするのか自己判断になりますが、食事を目的とした出会いもあるのでどうしても・・・という場合は利用してみてもいいかもしれませんね。

 

出会い系サイト・アプリを利用すること自体は犯罪でも違法でもありませんからよく考えて登録してください。

出会系サイト攻略法

出会系サイトを実際に使ってみた

出会系サイトの口コミ・評判まとめ

男女別記事

その他出会い記事

このページの先頭へ